« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

PCが・・・

それは先週の水曜の夜のこと。

調べたいことがあって、帰宅してすぐにPCの電源ON。

お茶を入れてから、さて・・・とPCを見たら、なんとエラーメッセージが表示されている!

そーいえば、いつもの起動音がしなかった・・・shock

実は、日曜の夜にも、IEの調子が悪かった。ヤフーのトップページとか、ニュースのページは表示されるのに、ログイン画面を出そうとすると、英文のエラーメッセージが表示されて、画面が切り替わらなかった。

その時は、PCの再起動をしたら不具合が解消したので、あまり気にしていなかったのだが。

今回は再起動してもダメ。マウスポインタすら表示されないので、お手上げ状態。

仕方なく強制的に電源をオフして、サポートセンターに連絡してみた。

・・・営業時間外である。なんでー!?365日24時間サポートって書いてあるのに!

「お急ぎの方にはコンシェルジュサービス・・・」と自動音声が言っているが、1件につき3000円もかかるって?もしそれで解決しなかったら、もったいないじゃん。

イラっとして電話を切り、自力で何とかできないものか、マニュアルをめくった。

メールでの相談受け付けとか、FM●画面で見るマニュアルで調べるなどの項目が、更にイライラ感をあおる。

だーかーらー、そもそも起動しないんだってば!!!

一応PC搭載のサポート機能で、簡単なシステム診断を行ってみた結果、「機械的なトラブルはない」とのこと。

でも状態は変わらない。

PCのこと詳しいわけじゃない一般人としては、日中にサポートセンターに連絡するしか、残る方法はなし・・・

結局、金曜の午後、休みを取って、サポートセンターに連絡しましたよ。

マニュアルでは見落としてたんだけど、無償保証期間を過ぎてるので、サポートセンターも1件につき2000円も取るんだってさー。

クレジット番号を入力しろだの、カードの照会をするから待てだの、音声案内が長い長い。

人間が電話に出るまで、20分くらいかかったんじゃないか?

まぁ、私がサポートセンターを利用するのは初めてなので、今回の問い合わせについては、無償サポートすると言ってくれたのは良かったけど・・・

PCの診断(水曜の夜、すでにやったとは言えず、口を挟んでややこしくなっても面倒だから言うとおりに行い・・・)の後、少しだけ日付を遡ってシステム復元をする方法を教えてもらい、やってみたけど結果はダメ。

もっと古い日付に戻って、何度か試しても駄目だったら、リカバリの方法を教えるので、改めて電話してくれと言われ、言われたとおりに試したが、やっぱり駄目。

また長~い音声案内に辟易しながら再TELして、リカバリの方法を伝授してもらい、実行。

今回は「マイリカバリ」という機能を使って、ようやく不具合が解消!(もしこれで駄目なら、完全に初期化して、それでも駄目なら修理で概算5万!って・・・)

ただし購入直後の状態まで戻ってしまったので、その後、シマンテックのサポートセンターにも連絡せねばならず、結構大変であった。

あとWindows Updateもな。100個以上更新ダウンロードしたからな・・・

すべてのUpdateが終わってからマイリカバリを取り直し、その後不具合もなく使えるようになったので、やれやれなのだが・・・

自宅でPCを使うようになってから、たかだか10年くらいのことなのに、「使えない」となると、こんなに不便なのか!と、改めて思った。

また起動しなくなったとき、同じエラーメッセージなら自力で解決できると思うけど、願わくば、「お手上げ」な不具合が起きませんように・・・sad

| | コメント (0)
|

今更ですが・・・

あけまして、おめでとうございます。(;´▽`A``

年末年始と何だかバタバタしてしまいまして・・・

今年は鏡開きの11日までを松の内と見なすことにし、テンプレートの入れ替えも延ばし延ばしに。

ま、ちゃんと七草粥も食べたし、恒例の箱根初詣も済ませましたが・・・

クリスマスといい、正月といい、年々“それっぽい感じ”が薄れていくのは何故?

この年頭にふと浮かんだ言葉。

「身の丈に合った」でした。

遥か先を目指して結果なんか考えず頑張るのもいいけれど、そろそろ自分の今をしっかり見つめて、今あるもので、より良く過ごすにはどうしたらいいかに焦点を当ててもいいかなーと。

と思った割には、今を良くするためには少し足りないモノがあることに気づいてしまって、また手を出してしまいそう。懲りないな、私。coldsweats01

それが始まったら、ますます更新どころじゃなくなりそうですが、本年もまた、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »